HOME>アーカイブ>自分に合うクレンジングを選ぶ時のポイント

クレンジングの重要性

クレンジングをしっかりと行わないと、メイクが毛穴に残り肌荒れや吹き出物ができる原因になることもあります。

失敗しないクレンジング選び

洗浄力によって使い分ける

濃いメイクならオイルクレンジング、薄いメイクならクリームタイプなど使い分けることが大切です。

肌に負担の少ないものを選ぶ

特に肌の弱い人は、オイルタイプではなくジェルタイプやローションタイプを選ぶのがおすすめです。

保湿成分が入っているのが良い

クレンジングは肌を乾燥させるため、ヒアルロン酸など保湿成分が入っているものを選ぶのが良いでしょう。

添加物はできるだけ少ないものが良い

香料や着色料など添加物が含まれていないものは、安心して使用できます。

濡れた手で使えるものが便利

バスタイムにクレンジングするなら濡れた手で使えることもポイントとなります。

色々な製品がある

化粧品

オイルを主成分としたタイプは濃いメイクも落とします。洗浄力は強めです。反対に刺激が少ないのがミルクタイプは敏感肌にも使いやすいです。その分洗浄力には期待できません。オイルと水分のバランスが取れているのがクリームタイプです。濃厚なテクスチャでお肌の潤いを守ります。クレンジング成分が含まれたふき取りシートタイプもあります。1枚ずつ取り出していつでも使えるので便利です。お肌をこすってメイクを落とすのであまり長く使うとトラブルを引き起こすかもしれません。普段使いというより旅行などの携帯用として利用が便利です。

肌に合った選びかた

基礎化粧品

継続して使っていくものなのでまずはテクスチャの好みから選んでいきましょう。人によってミルクタイプが好きだったりオイルが良い場合もあります。好きではないタイプを無理に使う必要はありません。一般的なクレンジングは界面活性剤を多く含むオイルタイプの洗浄力が強くなります。濃いメイクが落ちやすいですが肌への負担にもなりがちです。ナチュラルメイクの場合は洗浄力が強くなくてもいいです。また、お肌が弱い人は乾燥を防ぐためにも刺激の少ないタイプを選びましょう。製品のパッケージに敏感肌OKとされているものにしてください。

顔を洗う女性

広告募集中